「現任者講習会」カテゴリーアーカイブ

令和3年 公認心理師 現任者講習会

一般社団法人 共生の未来考究会では、本年度も引き続き、公認心理師現任者講習会の開講を申請しております。

現任者講習会の名称

共生の未来考究会 令和3年公認心理師現任者講習会

講習会の日程及び運営方法

講習は、録画講義の視聴(全19時間のオンデマンド)と動画と音声による双方向通信を用いた授業(全11時間・以下「ウェビナー」)の組み合わせで行ないます。

1科目の履修完了には、各科目につきオンデマンド視聴(60分)とウェビナー(30分)参加の合計90分の履修が必要です。


録画講義(60分)は令和3年7月15日から11月30日まで(予定)のオンデマンド配信 (受講者は任意の日時に視聴) と、9月から11月の土曜日と日曜日(予定)に実施するウェビナー2日間(下記日程)の受講を合わせて科目の履修と認定します。

ウェビナーは、オンデマンド視聴での各科目の自学での履修を補完するスクーリングの位置付けとご理解ください。

オンデマンド科目全ての視聴完了後に、ウェビナーに参加することができます。

ウェビナー2日間は、前半を終えてから後半を受講することを原則とします。

ウェビナーは前半日程と後半日程に分かれており、両方を受講いただく必要があります。任意の組み合わせでお選びいただけます。

前半日程:(予定)
9月4日(土)・9月11日(土)・9月25日(土)・10月3日(日)・11月13日(土)

後半日程:(予定)
9月5日(日)・9月12日(日):9月26日(日)・10月2日(土)・11月14日(日)

◆各日程の受講可能定員は200名です。


募集方法 予定定員

募集方法 本サイトの募集ページ「申込フォーム」にて受付

募集期間 令和3年7月1日12時~7月6日12時(予定)

受講料及びテキスト(参照文献資料・教材等)について

受講料(教材資料代を含む)は、後ほどお知らせいたします。
3万円代に抑えられることを目標に検討中です。


自学用の標準テキストとしては、金剛出版『公認心理師現任者講習会テキスト改訂版』を各自ご用意いただくことをお薦めします。

共生(ともいき)の未来考究会の現任者講習会の特色

  • 24時間任意に視聴可能なオンデマンド講義と土日開講日程でのウェビナー(スクーリング)との両方の受講により修了を認定します。
  • オンデマンド講義19科目は、各科目60分にコンパクトにまとめられており、多忙な現任者の方に受講しやすい設計となっております。
  • ウェビナー前半・後半2日の日程は、受講者それぞれにご都合のよい日程を組み合わせて、スケジュールを組んでいただけます。
  • 受講者同士の今後の交流のきっかけづくりを期し、講師・受講者との双方向の交流機会となる時間を、講習会の中に設けます。

各科目講師と担当時間割

講師のプロフィールと担当時間割は、指定後、募集開始までにお知らせいたします。

ご注意ください

現任者講習会とは、厚生労働省のホームページに記載の受験資格取得方法にある「区分G」に記載されている講習です。

本講習では、公認心理師として必要な基礎知識を網羅することに加え、心理職としての独自性、国民の心の健康を支える使命にふさわしい心構え、教養を身に付けていただくことを目指します。国家試験受験対策講座ではございません。

公認心理師法附則第2条第2項に定める者(いわゆる現任者)として本講習会を受講し、公認心理師国家試験に出願予定の方で、出願時に、指定試験機関の審査において現任者と認定されなかった場合、講習を主催する弊法人は責任を負いかねますことを、なにとぞご承知おきください。受験資格についての詳細は、文部科学省令・厚生労働省令第三号にございますので、こちらの記載をご熟読いただきました上で、受講お申し込みをご判断ください。

公認心理師試験については、指定試験機関である一般社団法人 日本心理研修センターのホームページをご確認ください。

公認心理師 現任者講習会 選考方法

受講には定員があり、希望者のうちから受講者を選抜します。

以下で、受講申し込みと選抜の方法*をご説明します。

   *抽選での受講者の選抜は、監督官庁の要請によるものです。

 定員は二通りあり、①受講者総数及び②全ての受講者にご参加いただく土日2日間のウェビナー日程各々の開講日について定めます。

①受講者総定員数=650名(予定)
②全受講者が参加するウェビナーの各開講日の定員数=各々200名

 受講希望者はウェビナーの受講日2日(第1から第5希望まで)を選択し〈仮登録〉とします。

   受講者(およびウェビナー受講日)を決めていただく手順は、次の通りとなります。

 ⑴ 受講希望者の受け付け

・〈仮登録〉は下記日程(前半5日・後半5日)から2日を、それぞれ、第1から第5希望までを選んでいただけます。すべて埋める必要はなく、受講できる日のみをご登録ください。(10月日程につきましては前半と後半が入れ替わっての変則となっております。)
・〈仮登録〉状況は開示します。内定までに、受講希望日程を自由に変更することができます。

前半日程(9月4日・11日・25日,  10月3日. 11月13日)より1日
後半日程(9月5日・12日・26日,  10月2日,  11月14日)より1日


 ⑵ 受講の内定


イ 締め切り時に希望者が定員に達しない場合は全員を内定します。
  ・仮登録での第1から第5希望までの選択を、内定の際の優先順
   位とします。
  ・以後は定員に達するまで先着順で内定します。

ロ 締め切り時に希望者が全体定員(650名:予定)を超過するか、ウェビナー受講日の〈仮登録〉者が定員(各日200名)を超過する日のある場合は、抽選で内定者を決めます。


 ⑶ 受講登録の確定と失効

・内定者には直ちに電子メールで通知します。
・受講料の全額支払により、受講登録が確定します。
・受講内定の通知後5日(金融機関営業日)を経過の後に、受講料のお支払いがいただけなければ、内定は自動的に無効となりますので、ご注意ください。

公認心理師現任者講習会(申請中)についての弊法人へのお問合せ・ご質問につきまして

 現在申請中につき、指定後に詳細を掲載させていただきます。

 指定前の現時点では、こちらの特設サイトで公表する情報(現在申請中の内容であり、国の指導により変更される可能性があります)の他には、みなさまにお伝えできる事柄はございません。
 
お知らせできる情報の均質を維持するため、開催団体としての指定が下りるまでは、「弊法人主催の公認心理師現任者講習会」につきましての、みなさまからのメールやお問い合わせフォームからのご質問への回答を控えさせていただきます。
 なにとぞご理解の上、ご了承くださいませ。

 現任者講習会以外の弊法人へのご質問やご意見等につきましては、以下からお寄せくださいませ。




名 称: 一般社団法人共生の未来考究会
所在地: 〒665-0871  兵庫県宝塚市中山五月台6丁目1番26-101
連絡先: 代表E-mail : info@tomo-iki.org
現任者講習会運営事務局 ✉ kyouseinomirai@gmail.com




    2021年公認心理師 現任者講習会を申請いたしました

    オンライン講習会実施の指定申請書を3月22日に提出いたしました。
    詳細につきましては国の指定を受け次第、掲載させていただきます。
    講習会開催は国の審査を経ての指定となりますので、現時点において弊法人の講習会開催は確定しておりません。また指定時期等の状況により、下記の予定内容が変更となる場合があります。

    • 申込期間:
      2022年7月初旬 開始(予定)
    • 受講期間:
      2021年7月中旬ごろ~11月(予定)
    • 講習方法:(申請中の内容)
      24時間いつでも受講できるオンデマンド配信(1科目60分)と土日に設定した日程のうち2日間を選択してのリアル配信(ウェビナー)との双方の受講を以て全科目の履修を認定します。
      顔認証システムを導入しております。
    • 受講料:(資料代含む・税込)申請中。追ってお知らせいたします。
      ※標準テキスト他市販の参考書類は、各自でご用意ください。

    〈現任者講習会受講申し込みに際してのご確認事項〉

    現任者講習会は、公認心理師国家試験対策に資する請習会ではありません。

    指定前の時点では、弊法人が指定を受けられない可能性や日程変更の可能性がありますことをご承知おきください。

    公認心理師法附則第2条第2項に定める者(いわゆる現任者)として本講習会を受講し、公認心理師試験に出願予定の方で、出願時に指定試験機関の審査において現任者として認められなかった場合に、講習会主催者(弊法人)は責任を負いかねますことを何卒ご了承ください。

    現任者に該当されるかどうかにつきましては、必ず事前にご確認くださいますようお願いいたします。文部科学省令・厚生労働省令第3号をご参照の上、各位にてご判断ください。


    〈オンライン受講に際してご留意いただきたい事柄〉

    ① 受講者各位にご準備いただく機器等は、以下となります。

    ・動画を視聴できるインターネット環境
    WEBカメラ搭載のパソコン
    タブレットやノートパソコンにマイク機能が備わっていない場合は、ウェビナー視聴テスト参加(8月中複数回を予定)までに、外付けのマイク(ヘッドフォンに付属のものでも可)をご用意ください。

    ② 講義内に事例に関する解釈などが含まれます。ご受講の際には、合理的配慮を必要とする場合を除き、受講者お一人で視聴いただける環境をご用意ください。
     お一人での受講が難しい場合には、イヤホンの着用など周囲の情況へのご配慮をお願いいたします。


    *その他詳細につきましては、指定を受け次第ご案内いたします。